CUBIC適性検査の信頼係数

CUBIC適性検査の信頼係数

スポンサードリンク

CUBIC適性検査の信頼係数

  CUBIC適性検査の回答は受検者の自己評価であり、自己防衛的に回答を操作
  できるのではないかということは誰もが考えるところです。

 

  しかし、CUBIC適性検査では回答の際に他の思考が働き、本人の
  意志に反した場合のために、一つの質問にいくつかの対称問題を入れ
  信頼係数(回答の確かさ)を測定しています。

 

  以下、信頼係数の低い順に4区分で表示しています。

 

  (1)回答い矛盾したところがおおく、信頼性に欠ける診断結果が
     出力された可能性がある。

 

  (2)回答の正確さにやや欠けているが、全く信頼できないという
     ほどの診断結果ではない。

 

  (3)回答に多少あいまいなところもあるが、およその部分が信頼
     のできる診断結果である。

 

  (4)回答の信頼性は高く、矛盾したところがほとんどなく、信頼
     のできる診断結果である。

 

  この係数は、因子関係に矛盾があるごとに係数は下がります。
  (主に「どういう性格・パーソナリティか」の因子バランスから信頼
   係数を取っています)が、係数が低下している際は、データ全体の
  信頼度も低くなっていると考えて下さい。

 

 

  <信頼係数が低下するとき> 

 

  ・回答者が意図的に分析結果を操作しようとしたとき

 

  ・集中力に欠けていたとき(時間がなく、焦って回答をしたとき)

 

  ・現状を悩んでいるとき(会社の環境が合わない、退職を意識して
   いる人などモラトリアム傾向が高いとき)

 

  ・無意識のうちに回答が歪められたりしたとき

 

  ・設問の意図を誤って理解し、回答してしまったとき

 

  ・パーソナリティが発達段階で、自分の核となるものが定まって
   いないとき

 

  などが考えられます。

スポンサード リンク


ホーム RSS購読 サイトマップ